打錠機 PREXIMA

あらゆる生産量に対応できる最適な錠剤ソリューション

2021/09/06

画像をクリックして拡大イメージを表示

●打錠エリアの完全隔離化
PREXIMAはシール材や保護壁を効率よく使用することで機械エリアと打錠エリアの間を完全に隔離しています。従来の打錠機に比べ接薬部品面の面積を最小限に抑えることによりコンタミネーションを防ぐと同時に打錠エリアにどこからでもアクセスが出来、作業性、メンテナンス性に優れています。
 
●最適化された潤滑油対策
上下杵部がジャバラで保護され、上杵からのオイル滴りがなく錠剤の汚れ起因となりません。潤滑油は打錠部を通らないため、コンテナに一度回収し、その後再循環します。
 
●タレットの簡単な取り外し
タレットの取り外しは、機械構成部に完全収納された回転アームにより簡単に素早く取り外しが可能です。
取外し部品点数も少なく、最大30分でタレットの交換が可能です
 
優れた作業性
スマートな本体デザインにより、操作性、容易な点検や清掃など、優れた作業性を実現しています。
 
●低騒音
防音パネルと防振脚により騒音レベル80dB以下に抑えています。
 
●堅牢な構造
上部及び下部の予/本圧縮ローラーは装置本体と一体となった頑丈なフレームの両サイドに取り付けられています。この構造により、予圧と本圧において最大100kNまで保証されています。
本圧、与圧ロールが同一の大きさ(直径:250㎜)になっており、均一に圧力をかけることが出来ます。
 
ユーザビリティ向上のためのXIMA HMI
シノプティックスが、オペレータ作業効率を向上させる上で戦略的な役割を果たします。
HMIには、打錠機の稼働状況を示すパラメータやデータが表示するとともに、21 CFR Part 11およびGAMP5ガイドラインに準拠した適切なツールを提供します。
 
●トライアル実施
弊社ショールームでの実機トライアルで詳細なご検討を実施することも可能です。
 
万全のサポート体制
レイボルド社の日本人エンジニアがFAT、SATからアフターサービスまで、IMA社のエンジニアと連携のもと、万全の体制でお客様をサポートいたします。

関連リンク

関連資料

この製品へのお問い合わせ

打錠機 PREXIMAに関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。
※このお問い合わせフォームでの営業・勧誘などはご遠慮ください。

企業情報

レイボルド株式会社

  • 住所東京都中央区日本橋1丁目3番13号 東京建物日本橋ビル6階
  • TEL03-3272-1861 / FAX 03-3281-4490
  • URLhttps://www.leybold-kk.com/

詳しく見る

TOP