バイアル粉末異物検査装置 PV-Cシリーズ

独自の振動技術により、異物が底面に出現

2021/04/14

画像をクリックして拡大イメージを表示

デクシス開発の振動技術<特許技術>により、
従来は困難であったバイアルの中の粉末内の、
わずかな異物を検出することが可能になりました。

振動ユニットが瓶内の粉末を高速流動させることで、
底面に混入異物が出現いたします。
(粉末の性質により混入異物の見え方が異なるため、
テスト機による流動テストを実施します。)

カメラ撮像したライブ映像をモニター上で目視検査、
オプションで自動検査にも対応いたします。

PV-Cシリーズは粉末に対する異物の比重に関係なく検査可能です。
また、NG画像保存機能によりロット回収リスクを回避することができます。
全画像保存につきましてもオプションにて承ります。

セルマシン構成で、増設にも対応可能となります。

基本仕様 標準(2セル構成)
 処理能力:70本/分(8スピンドル)※ユニット増設で検査能力UP(オプション)
 装置外形:W2200mm×D4150mm×H2120mm
 検査部位:粉末内混入異物、その他(オプション)
 検査項目:毛髪、黒色異物、繊維、金属 他 
        ※検査モニター画面上目視にて
 

関連リンク

この製品へのお問い合わせ

バイアル粉末異物検査装置 PV-Cシリーズに関するお問い合わせ

※ご入力の内容は、直接、お問合せ先企業様に通知されます。
※このお問い合わせフォームでの営業・勧誘などはご遠慮ください。

企業情報

株式会社デクシス

詳しく見る

TOP